このサイトでは、JavaScript を使用しています。
ブラウザの設定で JavaScript を有効にするか、JavaScript に対応したブラウザをお使いください。

社会福祉法人恩賜財団 大阪府済生会野江病院 医療機関最終報告日 2020/02/12 18:36
536-0001 大阪市城東区古市1−3−25
(昼)06-6932-0401
周辺の地図

基本情報アクセス情報医療サービス
費用負担情報
医療機能情報診療内容情報実績等
     人員配置    看護配置    医療安全対策    院内感染対策    その他医療の実績    情報開示体制
     患者数及び平均在院日数    リハビリテーション関連    指定難病・特定疾患    大阪府指定疾患
     がん治療基本情報    災害医療

単位:人
職種記入日時点の従事者数
総数外来入院
常勤非常勤常勤非常勤常勤非常勤
医師1201091112010911
薬剤師24.8240.824.8240.8
助産師32.6293.64.213.228.4280.4
看護師及び准看護師40036832120.610416.6279.426415.4
診療放射線技師23232323
臨床検査技師26262626
理学療法士(PT)9999
作業療法士(OT)3333
視能訓練士4444
言語聴覚士(ST)0
臨床工学技士8888
管理栄養士55055
従事者合計655.460847.4342.631131.6312.829715.8
一般
病床
療養
病床
精神
病床
結核
病床
感染症
病床
うち医療
保険適用
うち介護
保険適用
実質配置状況1:11:−1:−1:−1:−1:−1:−
医療安全についての相談窓口の設置有り
医療安全管理者の配置有り
専任(専従)担当者有り
兼任担当者無し
医療安全管理部門の設置有り
部門の構成員(職種)医師有り
歯科医師
薬剤師有り
診療放射線技師有り
保健師、助産師、看護師有り
事務職員その他有り
院内感染対策担当者の配置有り
専任(専従)担当者有り
兼任担当者無し
院内感染対策部門の設置有り
部門の構成員(職種)医師有り
歯科医師
薬剤師有り
診療放射線技師有り
保健師、助産師、看護師有り
事務職員その他有り
院内感染の発症率に関する分析の実施実施
項目名該当項目名該当
入院診療計画策定時における院内の連携体制の有無有り予後不良症例に関する院内検討体制の有無有り
オーダリングシステム(検査)の導入有り死亡率、再入院率、疾患別・治療行為別の平均在院日数その他の治療結果に関する分析の有無有り
オーダリングシステム(処方)の導入有り死亡率、再入院率、疾患別・治療行為別の平均在院日数その他の治療結果に関する分析結果の提供の有無有り
オーダリングシステム(予約)の導入有り患者満足度の調査の実施の有無有り
ICDコードの利用の有無有り患者満足度の調査結果の提供の有無有り
電子カルテシステムの導入の有無有り公益財団法人日本医療機能評価機構による認定の有無有り
臨床病理検討会の有無有り診療録管理専任従事者の人数6人
項目名該当料金
情報開示に関する窓口の設置有り
平均院数日数
単位:患者数 人,平均在院日数 日

入院患者数外来
患者数
在宅
患者数
一般
病床
療養
病床
精神
病床
結核
病床
感染症
病床
うち医療
保険適用
うち介護
保険適用
1日平均患者数344.2903.9
平均在院日数11.4------------
リハビリテーションの実施の有無
リハビリテーションを実施している有り
実施項目
項目名実施件数項目名実施件数
摂食機能療法------心大血管疾患リハビリテーション1,309件
脳血管疾患等リハビリテーション6,134件呼吸器リハビリテーション2,009件
運動器リハビリテーション15,545件廃用症候群リハビリテーション2,257件
がん患者リハビリテーション1,533件
項目名該当
指定医療機関
難病指定医
協力難病指定医

項目名項目名
(2)筋萎縮性側索硬化症(5)進行性核上性麻痺
(6)パーキンソン病(7)大脳皮質基底核変性症
(11)重症筋無力症(13)多発性硬化症/視神経脊髄炎
(17)多系統萎縮症(18)脊髄小脳変性症(多系統萎縮症を除く。)
(21)ミトコンドリア病(22)もやもや病
(23)プリオン病(34)神経線維腫症
(35)天疱瘡(37)膿疱性乾癬(汎発型)
(40)高安動脈炎(42)結節性多発動脈炎
(43)顕微鏡的多発血管炎(44)多発血管炎性肉芽腫症
(46)悪性関節リウマチ(47)バージャー病
(49)全身性エリテマトーデス(50)皮膚筋炎/多発性筋炎
(51)全身性強皮症(52)混合性結合組織病
(56)ベーチェット病(57)特発性拡張型心筋症
(60)再生不良性貧血(63)特発性血小板減少性紫斑病
(65)原発性免疫不全症候群(69)後縦靱帯骨化症
(70)広範脊柱管狭窄症(71)特発性大腿骨頭壊死症
(84)サルコイドーシス(85)特発性間質性肺炎
(88)慢性血栓塞栓性肺高血圧症(90)網膜色素変性症
(93)原発性胆汁性胆管炎(96)クローン病
(97)潰瘍性大腸炎(162)類天疱瘡(後天性表皮水疱症を含む。)
項目名該当項目名該当
蛋白喪失性腸症有り肺線維症有り
がんの放射線治療を専門的に行う常勤医師数2 人
がんの化学療法を専門的に行う常勤医師数1 人
項目名該当項目名該当
災害マニュアルを策定済有り災害拠点病院の災害訓練への参加(見学を含む)有り